読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

TSM - English

英語を学ぶ、学んだら還元する、楽しい毎日。

2017年の手帳どうしようか会議

雑記 手帳 バレットジャーナル

まだ9月なのですが来年の手帳をどうしようかと思っています

 

気が早いようですが、来年の手帳が並び始めるとなんだがワクワクしますね

 

と言っても手帳って全然使いこなしたことないんですけど笑

 

本命

バレットジャーナル+GTD

→つまり好きなノートにオリジナルフォーマットでワイワイ、という感じ

→問題点:どのノート使おう?モレスキン?ロイ人トゥルム?いやいや、飽きっぽいしフォーマット変えたくなること考えて薄めのノート?悩み…

 

対抗馬①

マンダラ手帳 A5サイズ

→フォーマットが気になる。1日の欄が適度に「小さい」かつ見開きに1週間(左ページ)とメモ(右ページ)があるので1週間を俯瞰しながら色々書ける

 

対抗馬②

スタープランナー

→日付フリーなのでいつからでもOK。バーチカルの時間欄を無視してto doを縦に並べて、1週間トータルのやらなきゃいけないことをリストアップする使い方をしました。

 

大穴①

yPad7

→ずっと気になってる手帳。日付フリーなのでいつからでもOK。ただ横長のフォーマットなので開くときにスペースが必要。ガントチャートは魅力的だけどDaily欄を持て余しやしないだろうか(苦手なレフト式だし)

 

大穴②

無印良品クラフトデスクノート マンスリー

→困ったときに毎回助けてくれる頼れるピンチヒッター的存在。日付フリーなのでいつからでもOK。大学生のときにもお世話になってました。色々と仕事やら締め切りやらが立て込んでくると購入して、全て記入し現状の「ヤバさ」を確認する、というのがお決まりです笑

→フリーのマンスリーカレンダー+メモって潔い感じと無印良品のシンプルさが好きな1冊。よくよく考えてみたら先に作られたフォーマットの窮屈さが無いので好きなのかも。

 

さてさて、こう書きながら、手帳に求めるポイントが少しわかってきたかも。